ペットの介護とは

今の社会では高齢者の介護をする介護士も数が増えており、ところどころに老人ホームの存在も目にしています。
しかし介護の対象となるのは何も人間だけではありません。
時には動物もその対象に入ることがあります。
動物も人間と同じく年を取って老いていきます。
動物の種類によっては老いを認識するのが難しいものもいますが、ペットとして飼われることが多い動物の大半は人間程分かりやすくありませんがその老いを実感することができるでしょう。
現に介護にはペット介護士という職業も存在します。
それだけペットの介護も当たり前のような存在として認識されているということです。

ペットを飼うことは様々な問題が生じますが、この「介護」という部分もその問題の1つです。
老化は病気や事故と違って必ず起こるものであるため、長くペットと付き合っていく場合には必ず向き合うことになります。
ペットは人間に比べると寿命は短いものであるため介護も人間のに比べると規模はそこまで大きいものではありません。
しかし人間とは違う部分もあるため、人間の介護をするのとは違った行動も取っていかなければいけません。

老いて若い時より不便になったとしても最後の時まで一緒に過ごしたいと考えるのであればペットの介護について理解をし、行動していかなくてはいけません。
実際にペットの介護はどのようにしていけばいいのでしょうか。
介護をしていく上で人間側が気をつけるべきことは何でしょうか。